リーガルハイ2の視聴率まとめ!結末は?最終回はどうなる?ネタバレ!

regal1

 

半沢直樹の爆発的な視聴率の影響が大きく、視聴率の推移が話題になっている『リーガルハイ2』ですが、

第1部に比べ、「おもしろくない」との声も上がっています。個人的には最初は古美門研介のキレ味のある、

早口が見られなかったので不満でしたが、徐々に黛弁護士との闘いに物語が発展していくようで、楽しくなってきました。

 

そんな『リーガルハイ2』の視聴率とあらすじをまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

 

 

リーガル・ハイのあらすじ

 

第1期「リーガル・ハイ」(2012年4月17日~6月26日)
キャッチコピー『愛も法も嘘が好き』

 

regal2

 

新垣結衣演じる、黛弁護士は三木法律事務所で働いていました。

ガソリンスタンドで働く少年がガソリンスタンドの店長を殺害した疑いで起訴された事件で、

弁護士の依頼をしに古美門法律事務所を訪れました。

 

古美門先生は裁判で勝つためなら手段を選ばず、どんな手を使ってでも勝ちにいく

とい姿勢に黛弁護士は自分との価値観の違いから嫌悪感を示していましたが・・・

ガソリンスタンドの少年を無罪にしたことが、本当に正しかったのか?という疑念から『正義』について追及するために古美門法律事務所で働き始めます。

 

弁護士依頼の費用を肩代わりして借金を背負ったことと、

三木法律事務所を訪れたのが、三木先生の秘書の企みであったことも古美門事務所に移る理由でした。

 

≪ここからネタバレ注意!≫

なぜ、三木先生が黛弁護士を古美門法律事務所に送ったかというと、

以前三木法律事務所で働いていた古美門研介に『個人的な恨み』があったからです。

絶対に古美門研介を倒す!と意気込み、最終話に近づくにつれて直接対決が実現します。

 

ドラマ内では、

「古美門研介が三木先生の大切な人を殺してしまった」

と伏線を張るように描写されていました。

小池栄子演じる、沢地君江が、「沙織さんとおっしゃいました。ある裁判の鍵を握っていた身寄りのない女の子。三木先生が引き取って実の娘のように・・・」

と話していましたしね。

 

なんと・・・オチは沙織さんがハムスターだったのです。

 

製薬会社の新薬訴訟の時に、相手会社の新薬を発売停止に追い込むために沙織さんを使って実験をしたそうです。

当然、三木先生は止めますが、古美門先生が強行突破し、

 

2人の仲が悪くなり、三木先生が古美門先生を恨むようになったのです。

 

これがリーガル・ハイのあらすじでした。

 

 

リーガルハイ2のあらすじ

 

第2期「リーガルハイ2」(2013年10月9日~)
キャッチコピー『愛に抱かれ、法に濡れる♡』

 

reagl3

 

リーガルハイ2では、岡田将生演じる羽生晴樹が『NEXUS・Law Firm』を立ち上げ、

古美門研介の価値観とは反する、「誰もが幸せになれる」を理念に丸く収める法律事務所を運営しています。

 

古美門研介は、羽生のことを『ゆとりの国の王子』と馬鹿にし、徹底的に闘っています。

羽生は新垣結衣演じる黛真知子に恋と抱いているのと同時に、彼女のような才能溢れる人物が

古美門研介のような勝つことにしか興味がなく、人を不幸に陥れる弁護士の下で働いていることに納得がいかない状況なのです。

 

≪ここからネタバレ注意!≫

第6話で、一妻多夫の裁判を担当した時に、古美門先生よりも早く「養子としての選択肢」を思いつき、

先回りして書類を作成した黛先生は涙を流します。

 

自分の正義を追求するために古美門法律事務所で働き始めた黛先生ですが、古美門先生の「やり方」

が体に染み込んでしまった自分に気づき涙を流していたのです。

 

それを服部さんから聞いた古美門先生は、黛先生をクビにすることを決意。

翌日から黛先生は『NEXUS』で働き始め、古美門先生と法廷で闘うようになります。

 

古美門先生は自分を負かすように黛先生を鍛えるように感じます。

 

≪小雪の役割≫

リーガルハイ2は1話ごとに裁判の問題が解決するように構成されていますが、

小雪演じる安藤貴和だけ一貫して最終話まで繋がるように構成されています。

 

安藤貴和は恋人の殺人容疑の被告人です。

古美門先生が弁護しているのですが、打ち合わせと全く違った発言をし、死刑判決を受けました。

 

安藤貴和の裁判に負けてしまえば、古美門先生の無敗神話が崩れてしまうのですが、

最終話までひっぱるように構成されているみたいですね。(11/26現在)

 

 

リーガルハイ2の第1話視聴率とあらすじ

 

1話
放送日:10月9日
タイトル:完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!
視聴率:21.2%

 

koyuki

 

検事上がりの岡田将生演じる羽生晴樹が古美門法律事務所で働き古美門先生も深く惚れ込む。

しかし、羽生晴樹は自身の進み道を決め新しい弁護士事務所を開くことにした。

 

その後、骨のある案件が舞い込んでくる。保険金を得る目的で運輸会社社長とその娘を殺害した疑いの

安藤貴和の裁判を古美門先生が担当することになる。

「毒物の入った瓶は取り調べ中についたものである」
「オートロック式のマンションも簡単に侵入できてしまう」

という証拠を上げ、裁判を有利に進めていく古美門先生だが、安藤貴和が土壇場でまったく逆の発言をする。その意図とは!?

 

 

リーガルハイ2の第2話視聴率とあらすじ

 

2話
放送日:10月16日
タイトル:逆ギレ天才起業家~”つぶやいたら”名誉棄損?
視聴率:16.8%

 

satou

 

 

インサイダー取引で実刑判決を受けた佐藤隆太演じる、鮎川光が自分を誹謗中傷した

マスコミを訴える裁判を起こす。古美門先生は若くして成りあがった鮎川光の裁判を直々に申しであるが、

鮎川は自分の力で闘いたい。とあっさり拒否。

 

訴えられた相手の一人に漫画家の「玉川たま」がいる。玉川たまは鮎川光をモデルにした

「金の亡者」を描いていたが、人気が出ずに打ち切りになってしまった。

鮎川に父親の工場を潰された恨みで、マンガを描いていた玉川たまであったが、学生時代に鮎川に恋心を頂いていた。

 

鮎川も今回の裁判の意図は。玉川たまの漫画の知名度を上げることが目的だった。

 

リーガルハイ2の第3話視聴率とあらすじ

 

3話
放送日;10月23日
タイトル:顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判
視聴率:18.5%

tukaji

 

黛真知子の同級生・塚地武雅演じる熊井健悟は妻ほのかとの離婚の相談に

古美門法律事務所を訪れる。

 

超絶美人だと思って結婚した妻は整形美女で「騙された」ということで

妻を訴えることを決意。古美門が巧みに仕掛ける罠で今回も勝ちを獲得するわけだが、

ほのかのレシピノートを見て、自分への愛を再確認する熊井健悟。

 

もう一度やり直そうと、ほのかを訪れるが、

「不細工だから心が綺麗とは限らない。外形が良くても心が綺麗な人もいるのね。」と、新しい恋に目覚めた様子の元妻。

悲しく立ち尽くす熊井健悟の背中には花束が用意されていた。

 

リーガルハイ2の第4話視聴率とあらすじ

 

4話
放送日:10月30日
タイトル:お隣付き合いは密の味!?嫉妬渦巻く隣人裁判!
視聴率:18.3%

 

satouhitomi

 

猫背椿演じる、依頼に来た東山冬海は隣人の西平なつ(佐藤仁美)にハサミで腹部を刺された件で

古美門事務所を訪れる。

 

先にゴルフクラブで殴りかかったのは東山冬海のほうで、西平なつの正当防衛が認められたため

民事で訴訟を起こすことを決意。

 

隣人トラブルの原因は互いが互いに嫉妬をしていたことが原因だった。

 

 

リーガルハイ2の第5話視聴率とあらすじ

 

5話
放送日:11月6日
タイトル:権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!
視聴率:18.3%

 

nomura

 

倒産寸前の「あじさい文具」を救ったのは窓際族の野村将希演じる田向学だった。

田向学の「おやじいぬ」の落書きがあじさい文具のヒット商品となり、急成長を遂げる。

 

忘年会などでも、「会社の業績が良くなったら、優遇する」と田向学ぶに告げていた

社長だが、社内の部署をたらいまわしにするなど冷遇されていた。

 

そんな田向をけしかけるように蘭丸を使い裁判を起こさせる古美門研介。

 

著作権裁判で本当に得たものは何か?

 

リーガルハイ2の第6話視聴率とあらすじ

 

6話
放送日:11月13日
タイトル:新しい愛の形か重婚か!?訴えられた妻は夫が3人
視聴率:17.7%

 

suzukihonami

 

息子の嫁を訴えるために相談に来た嶋澄江。

息子の嫁である愛子(鈴木保奈美)が一妻多夫の生活を営んでいることを興信所から聞き、息子と別れさせるために裁判を起こす。

 

古美門法律事務所に相談しにきた、島澄江だが黛真知子の計らいでNEXUSが担当することになり、

結果として一妻多夫を営む愛子を古美門研介が弁護することに。

 

一度は一妻多夫が解消され、別の夫は他の女性の下に行ってしまうが

愛子の素晴らしさを再確認。養子縁組に入ることによって見事、一妻多夫の関係を続けることになる。

 

 

リーガルハイ2の第7話視聴率とあらすじ

 

7話
放送日:11月20日
タイトル:天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!
視聴率:17.7%

 

itoushirou

 

古美門法律事務所をクビになった黛真知子が弁護するのは、スタジオ小春日和で働いていた。

穂積孝(近藤公園)。穂積は劣悪な労働環境と長時間労働、そしてスタッフに対しての非情なパワハラをしたとして

スタジオ小春日和の監督、宇都宮仁平(伊藤四朗)を訴える。

 

裁判にて謝罪すると思われた宇都宮監督は、こんなことを言う。

『穂積に才能があるとは思わない。私も天才などではない。才能とは掘り起こすものだ。そして、努力に努力を重ねて一段・一段登っていくものだ。

それを努力もせずに麓にいる者は「あいつは天才だから」などという。冗談じゃない。私も必死になった努力し続けているのだ。』

 

宇都宮監督の言葉に打ちひしがれた穂積は訴えを取り下げる。

そして鉛筆も持てるようになった。

 

 

リーガルハイ2の第8話視聴率とあらすじ

toono

 

8話
放送日:11月27日
タイトル:世界に誇る自然遺産を守れ!!住民訴訟驚きの真実
視聴率:16.2%

 

個人的にはかなりおもしろい回だったのですが、視聴率は下がってしまいましたね。

 

黛と羽生弁護士は奥蟹頭にある『おざおざの森』を世界遺産に推奨する地域住民に弁護につきます。

一方、古美門研介は反対派の代表、遠野なぎこ演じる赤松真里奈側につくことになる。

 

世界遺産を守るという崇高な目的に意欲をたぎらせる羽生だが、彼の正義心が間違った方向に

進んでいることに、薄々と感じる黛弁護士であった。

事の流れから多数決を取り、世界遺産を守るか、村の近代化を進めるかを決めることになるのだが、

田舎の『おざおざの森』を嫌い離れた住民たちの住民票を見事、期日内に移すことに成功した古美門研介は『おざおざの森』の住民たちも

本当は快適な暮らしを望んでいることに気づいていた。

古美門研介も人の欲望には勝てないと感じつつも、別れ際『おざおざの森』の自然が無くなることに悲しみを覚えている姿もあった。

 

リーガルハイ2の第9話視聴率とあらすじ

matsudaira

 

9話
放送日:12月12日
タイトル:ついに最高裁! 例え全国民が敵でも必ず命を救う
視聴率:16.2%

 

今までで1番おもしろい回でした。古美門研介の真骨頂でもある喋りが見られました。

 

安藤貴和の最高裁が開かれ、松平健演じる検事・醍醐実に徹底的に論破され

打つ手を失くす古美門研介。

極度のストレスと初めての経験にPTSDを起こし、幼児戻りをしてしまい、

「僕お父さんはすごいんだ!お父さんに言いつけてやる!」と、卒倒してしまう。

 

マスコミを買収して、世間のイメージを変えようとしていた戦略も世間にバレてしまい

「金の亡者」「金のためだけに弁護している」最低な弁護士のレッテルを貼られてしまう。

安藤貴和を死刑にしろ!という民意におされ、八方塞がりな小御門と黛の二人かと思ったが・・・

 

人たらしの羽生に助けられる黛弁護士。

 

徳永光一郎の家政婦を務めていた女性が殺人現場に毒物の瓶があったと証言をしてくれるようになり、

裁判の行方は方向性が変わる。

 

「…それが民意だ!それが民主主義だ!

なんて素晴らしい国なんだ!民意なら正しい、みんなが賛成していることなら全て正しい。ならば、みんなで暴力を振るったことだって正しいわけだ。私のパートナー弁護士を寄ってたかって袋叩きにしたことも,民意だから正しいわけだ。……冗談じゃない。

 

と、安藤貴和が徳永光一郎を殺したかどうかの確証がないのに、

死刑を求刑するのは、民意に踊らされている司法への冒涜だと演説する古美門弁護士。

 

裁判は家庭裁判所からやり直される異例の最高裁となった。

本当の敵は誰なのか?最終回につながる。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ