平成26年度都立高校入試解答速報2014【都立一般入試】

study
平成26年度都立高校入試解答速報を掲載します。

英語

数学

国語

理科

社会

※2014年2月24日、午後15時頃掲載予定です。

[ad#ad-1]

親戚の子どもが今年高校入試なので、解答速報を彼のためにまとめておきたいと思います。

聞いた話によると、リーマンショック以降都立入試の人気は高まっていて、競争は激化しているとのことです。

私が受験をした数十年前とは比べものにならないほど、倍率も上がっていて平均して1.5倍くらいなんだとか。

 

工業高校も私の時代はヤンキーしか行かない高校でしたが、今では普通の子達が工業高校に進学するそうです。私の時は通知表のつけ方が、相対評価だったので1~5の人数が決まっていましたが、最近では絶対評価というものが導入されているらしいいので、4~5の人数が増えているそうですしね。

最近の子ども達は少子化なのに大変だ。

 

ということなので、都立入試についてまとめてみました。

 

東京都立入試の概要

○都立推薦入試(全日制)

出願:1月22日(水)
試験:1月26日~27日(日・月)
発表:1月31日(金)

だそうです。最近の都立入試の推薦では、

①作文・小論文
②集団討論
③個人面接

が、あるそうですね。そのほかに中学からの調査書でも点数がつけられるそうなのです。

作文が○○点、調査書が○○点、といった形で予め何点満点で算出するか?というのは都立高校ごとに異なるみたいですね。

実際のところは調査書が占める割合が大きいみたいです。

 

 

私の頃とは、かなり変わっていますね。

そもそも推薦入試なんて無かったですしね。私立の高校が推薦入試をするのはわかりますが、都立高校が推薦入試をするなんてビックリです。

そもそも中学の成績ってのは先生による定量評価で決まるのに、高校入試には定数評価が使われているところも個人的には気に食わないのですが・・・まぁ親戚の子が受かってくれれば構わないんですけどね。

 

ちなみに推薦の枠自体は大体20%程度くらいで、倍率も3倍~5倍くらいとかなりの高倍率になるそうです。

 

 

○都立一般入試(全日制)

出願:2月6日(木)、2月7日(金)
取り下げ:2月13日(木)
再提出:2月14日(金)
試験:2月24日(月)
発表:2月28日(金)

 

だそうです。再提出と取り下げなんてあるんですね!!知りませんでした。

週明けの2月10日新聞とかで各高校の倍率が発表され、その倍率を見て受験する高校を変更できるそうです。

倍率が1倍を切るような学校もいくつかあるそうで、確実に都立高校に進学するために変更する生徒もいるみたいですね。

 

ちなみにですが、日比谷高校や西高校などのいわゆる、超進学校はあまり取り下げはないみたいです(笑)

そりゃそうですよね。そこまでに鬼のように勉強しているでしょうから、倍率を見て変えるとかってなさそうですよね。例年で大体わかるでしょうし。

 

 

偏差値が65を越えるような進学校では、「自校作成問題」といったような難しい問題も出題されるみたいです。

 

 

親戚の子頑張れ!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ